細目から見える世界

コワーキングコミュニティ「まるも」のオーナーをしながら、フリーランスとして活動しております!

金谷のコワーキングスペースまるもが最高だった件

f:id:mats2-1989:20160719143038j:plain
写真:http://hirokenji.com/

 

こんにちは、まつ (@mats2_n)です。

先日とあるBBQイベントに参加してきました。

 

 

ブロガーのカルロスさん主催で、プロブロガーあんちゃさんをゲストに、多くのブロガー・フリーランス・一般人(自分)が、金谷の「まるも」に集まりBBQしました。

f:id:mats2-1989:20160719161518j:plain
写真:http://hirokenji.com/

メインのジビエ。
初めて食べたけど、ジューシーでめっちゃ美味しかった。 

f:id:mats2-1989:20160719161451j:plain
写真:http://hirokenji.com/

BBQして、皆で銭湯に行き、語らって、夜は人狼ゲームという最高の流れ。 

一泊二日まるもに滞在していたのですが、まるもは僕にとって最高のスペースでした。以下感じたことを綴ります。

「まるも」ってなに?

そもそも「まるも」とは?
千葉県の房総、金谷にあるコミュニティスペース。コワーキングスペースや、企業への開発合宿のスペース貸し出しをしている。

金谷に一ヶ月間住み込み、フリーランスとして独立を支援する「田舎フリーランス養成講座」もやっているので、まるも周辺にはフリーランスで生計を立てている面白い人たちが多いです。

そんな環境だからこその体験ができたと思います。

 

1.プチ田舎暮らしを体験できた

プチ田舎暮らしと表現しましたが、金谷って本当にちょうど良い田舎なんです。

まるものすぐ横には川が流れていてカニとか普通に歩いているし、歩けばすぐ海まで行けるし、鋸山という観光名所の山もある。

山川海に囲まれていてゆっくりしている環境なんですが、横須賀からフェリーで35分、電車やバスでも東京から2時間くらいでこれるので、すごく近いわけではないですがまさに遠からず近からずのちょうど良い距離感だと思います。

また、コンビニやガストも近くにはあるので、「一番近くのショッピングセンター(たいていイオン)まで20km...」みたいなガチ田舎な環境ではありません。

環境的にも距離的にも利便性的にも、都会と田舎のちょうど間に位置するわけです。
「田舎に移住したいけど、ガチンコの田舎はちょっと不安…」と思っていた僕にはうってつけの場所でした。

最近はその環境を生かして、カルロスさんたちが小屋作りをしているとのこと。めっちゃ素敵。

 

2.能動的な生き方をしている人にたくさん会えた

今回のBBQは、自分と同じく1988-90年代の人が沢山参加していました。
その多くが周りや社会に流されず自分の人生を能動的に生きていて、すごくキラキラしていて、魅力的な人ばかりでした。

破天荒だけど、オープンなカルロスさん(crls1031.com

まるものオーナー池ちゃん(ikechan0201 blog|起業2年目。

ゲスマジメプロブロガーあんちゃ(まじまじぱーてぃー

同学年の世界一周帰りの太郎くん(SuzuTarog

他にも刺激をあたえてくれる人が沢山居まして。

こういう出会いの感覚って、旅をしていた時にゲストハウスで旅人たちと話している感覚とすごく似ているんですよね。いわゆる一般的な社会のレールから外れた生き方をしている人たちが多くて、同時に周りのそういう人を自然に受容する文化がある。

そういう人たちって、社会に流されず「自分でこう生きたいから、こうしている!」って人が多くて、自分の考えを持っていて話していてすごく楽しいんです。
まるもでそんなことを感じていました。

 

3.自分の人生を考える良いきっかけになった

ちょうど良い田舎でゆっくり時間を過ごして、キラキラした人たちに刺激をもらい、自分のこれからの生き方を見直す良い機会になりました。

僕は兼ねてから「自分の幸福度や時間やお金をコントロールする為に、田舎でゆっくり生活がしたい」と考えていたので、今回の金谷訪問はとても良い機会になりました。

自分の生きたい人生を生きる為の決断が出来ました。
それもまたいつか書こうと思います。 

 

書きました

 

以上僕がまるもで感じたことでした。

仕事や人生でもやもやしている人は、ぜひ金谷に足を運んでみてはいかがでしょうか。もしかしたらいい出会いがあるかもしれないですよ!

それでは!