細目から見える世界

コワーキングコミュニティ「まるも」のオーナーをしながら、フリーランスとして活動しております!

ポケモンGOをより楽しむために僕が自分としたお約束

f:id:mats2-1989:20160725220909p:plain

こんにちは、まつ(@mats2_n)です。

先日リリースされたポケモンGOですが、もう完全に社会現象になっていますね。

僕もさっそくダウンロードして、歩き回ってポケモンを集めてみましたが、すっかりはまってしまいました。平成元年生まれの僕にとってはもろに世代なのでこのゲーム、たまらないです。

このポケモンGOですが、面白いのと同時に時間泥棒電池泥棒であることは間違いないです。「ポケモン探してさまよっていたら2時間くらい経ってた」とか「気づいたら電池が5%くらいしかない」とかなってませんか?僕はどちらもありました。

今回は個人的にポケモンGOをするにあたって、僕が自分自身としたお約束を書いてみます。基本的には当たり前のことですが、当たり前のことほど出来ていなかったりしますので、明文化してみました。ポケモンGO批判ではなくあくまで「楽しむため」に守るべきことです。

 

やりすぎない

一つ目から当たり前のざっくりとした内容になってしまいますが、、。

ポケモンGOはあくまでゲームです。楽しくて熱中する気持ちは大いにわかりますが、僕らの本業はポケモンマスターではないですし、ポケモンを捕まえられずに起こる不利益なんて周りの話題に少し遅れるとかそのくらいです。

むしろ、ポケモンGOをやりすぎることによる不利益の方が大きいでしょう。ゲームを長時間やった後にやってくる「時間を無駄にした感」は半端ないですし、なにより無駄にした時間こそが大きな不利益になります。

僕の場合は定性的に「今日はやりすぎてしまった...」と感じないくらいで止めようと思っていますが、やりすぎてしまう人は定量的に「何時間まで」とか「何回までしか起動しない」とか決めてもいいかもしれないですね。

安全第一にする

ポケモンGOがリリースされる前から騒がれていましたが、案の定リリース直後から事故が起きてしまっているみたいです。

www3.nhk.or.jp

僕もついつい歩きながらとか、自転車に乗りながらチラっと見てプレイをしてしまっていたのですが、止めます。たかがゲームの為に死ぬなんて笑えないですからね。

「歩きスマホをしていて車にぶつかってしまった」という事故が起きた時に、ポケモンGOをやっていることでプレイヤーが怪我をしてしまうというリスクもそうですが、それ以上に非プレイヤーであるドライバー側が加害者になってしまうリスクの方が恐ろしいです。このあたりは規制を厳しくする必要性を感じます。

自分が被害者にも加害者にもならないように、「〜ながらプレイ」は絶対に止めましょう。

ポケモンの為に動かない

「◯◯を捕まえるために江ノ島に行った!」
「◯◯を捕まえるために1時間散策した!」

ポケモンGOを全力で楽しんでいて、すごく良いと思います。
ですが、僕の場合はおそらくこの後「時間無駄にしたなぁ」 と後悔することになるでしょう。所詮ゲームですので。

なので、ポケモンGOは電車の移動中やどこかに行く途中などのあくまで「ついで」に止めておこうと思います。

良い加減を意識する

プレイし始めた時は、「ジムに行ってバトルしてポケモン育てまくってやる!」とか、「周りの人に負けないようにポケモン育てまくろう!」とか息巻いていたのですが、止めました。

だってジムに居る人めっちゃ強いんすもん。

ジムによって強さは変わりますが、CP2000近くまで育っているポケモンを見て僕は一瞬でやる気を失いました。笑
おそらくあそこまでやるには相当の時間を投資しているんだろうなぁ。という努力の部分が見えてしまったから。僕にはそんなにゲームに努力する気力はないです。

なので、ポケモンGOはジムバトルは意識せず、周りの人に勝とうとも思わず自分の好きなポケモンをマイペースに集めていくコレクトゲームだと思うようになりました。

人との時間を大切にする

3年ほど前の動画ですが、初めて見た時かなりショックを受けた記憶があります。

価値ある時間をスマホに奪われていませんか?

スマホでできることって、大抵いつでもできます。ただ、人と会える時間は有限です。
ゲーム>人にならないように人との時間は大事にしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。
当たり前のことが多いですが、意外とできていない人は多いのではないでしょうか。

ポケモンGOを楽しんでプレイする為にも是非守るべき約束事を考えてみてください。
その時に参考になれば幸いです。