読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細目から見える世界

世界一周から帰ってきた男が社会の荒波に揉まれています。

格安SIMは小難しくてわかりにくい?格安SIMを理解する為に最低限知っておくべき基本用語を説明します。

携帯-格安SIM 携帯

f:id:mats2-1989:20160730163500j:plain

こんにちは、まつ(@mats2_n)です。

前回書いた格安SIMの記事が好評で、Twitterやリアルの友達からも多く反響がありました。

やっぱり興味ある人は多いんだなあと感じつつ、
気になってはいるけど、なんか小難しくてよく分からない。
という声も多かったです。そりゃそうですよね。よく分からない用語も多いですし。僕は携帯販売の仕事をしていましたが、それでもよく分からないって思うこと沢山ありますから。

なので今回は、格安SIMについて説明する前に、最低限知っておくべき基本用語について説明しようと思います。

「格安SIMには興味があるけど、何から調べればいいか分からない」
という方、いきなり格安SIMについて調べる前に、基本知識として是非参考にしてください。

▼前回記事▼

今回は【SIMカード】【SIMロック】【格安スマホ】の3点に絞って説明していきます。
もうとにかくわかんない!という方は赤文字を追って最後のまとめを読めばなんとなーくわかるようになってます。

 

そもそもSIMカードとは?

f:id:mats2-1989:20160731014225j:plain

僕らが普段使っているスマホの中には、上の写真のようなSIMカード(ピンクのやつ)が必ず入っています。

このSIMカードはどんな役割をしているのでしょうか。
ざっくり言うと、電話・ネット等の通信をする為に必要なカードです。

携帯会社の電波を使う為にはその会社のSIMカードが必要なので、ドコモのSIMカードauSIMカードSoftbankSIMカードといった具合にそれぞれの会社が専用のSIMカードを扱っています。
そのSIMカードを携帯に入れてはじめて電話やネット(Wifiは除く)が出来るようになります。

ここではとりあえず、SIMカードは通信するためのカードで、各社専用のSIMカードがあると理解してもらえれば十分です。

SIMロックとは?

携帯端末に対して、特定の会社のSIMカード以外での通信を制限することをSIMロックと言います。
もっとわかりやすく言うと、

ドコモのiPhoneはドコモのSIMカードでしか使えません!

auXperiaauSIMカードでしか使えません!

ということ。

格安SIMが台頭してくるまで、携帯会社は販売する端末にSIMロックをかけて、端末とSIMをセットで販売していました。
そうすることで携帯会社は、端末代を通信料に転嫁する【実質0円!!】というお得なようでお得でないややこしい仕組みを作ったりしていました。
消費者目線で端末とSIMがセットになっているのは楽なんだけれども、企業側から見ても料金を上乗せしたり、他社に行かないように縛ったりする上では都合が良いんですよね。

総務省主導でSIMロック解除義務がスタート

これはちなみに程度なんですが、消費者の利便性を高める為に総務省主導で2015年5月以降発売の機種に関して、大手3キャリア(ドコモ・auSoftbank)はSIMロックの解除(SIMフリー化)を義務化されました。

つまり、Softbankで買ったiPhoneにドコモのSIMカードを入れられますよ!」ということ。(SIMロック解除には手続きが必要です)

しかし実際のところ、キャリアから買ったスマホSIMフリーに出来たとしても、

  • キャリアと2年契約しているので、SIMロックを解除したところで他のSIMを契約するメリットがない(2重で契約することになる為)
  • 同じ端末を2年間キャリアの契約で使い続けないと端末代がペイされないので、結局二年間はきゃりあとの契約を続けないと勿体無い(2年縛りがある為)

といった理由であまり意味がありませんでした。

いっそ端末とSIMのセット販売を禁止してしまった方が、消費者にとってもわかりやすくて安い仕組みが出来上がるんじゃないかと思います。

格安スマホとは?

言葉通り、安いスマホのことを指すのですが、もう一つの特徴として格安スマホは基本的にSIMロックがかかっていません。なので「SIMフリー端末」とか呼ばれることもあります。

大手携帯会社の場合も手続きをすればSIMロックを解除できますと先ほど述べましたが、格安スマホの場合ははじめからロックされていません。
さらに、大手携帯会社と契約したスマホと違い2年間の縛りがないので格安SIMと組み合わせやすくなっています

まとめ

SIMカードとは、通信する為のカード。
大手携帯会社のスマホSIMロックがかかっているので、ドコモのスマホはドコモのSIMカードでしか使えなかった。
SIMロック解除が義務化されたけど、2年縛りとかがあるからあんまり意味なかった。
SIMロックがかかってない、かつ2年縛りがない格安スマホが台頭してきて、格安SIMが使いやすくなってきた!

というのが今回の記事のまとめでした!

いかがでしたでしょうか?
用語の意味と流れをなんとなくわかって頂けてると幸いです!

次回記事では今回の流れを踏まえて格安SIMとは何か?を説明します!

ほな!!