細目から見える世界

コワーキングコミュニティ「まるも」のオーナーをしながら、フリーランスとして活動しております!

クラウドソーシングでライティングを辞めたワケ|コンビニバイトを永遠に続けるライターへ

f:id:mats2-1989:20170117102757j:plain

こんにちは、まつ(@mats2_n)です。

フリーランスとして活動し始めてもう4ヶ月が経っていました。

本当早くて焦る。。

 

僕はフリーランスになって3ヶ月ほどライティングに注力していたのですが、今現在はライティングの仕事をほとんど受けていません。

それは、ライティングを今後生業にしていくつもりがないのなら

「クラウドソーシングでライティングする時間はコンビニバイトと同じ」

ということに気がついたから。

  

僕にとってライティングは作業ゲーだった

これが3ヶ月程やってみた感想です。

もちろんもっと高みを目指せば自分という「個」を出した記事や、クリエイティブな記事を書けるのかもしれません。

ただ僕はライターの道を歩みたいワケでもないし、クラウドソーシングで稼ぐ手段としてライティングを選んだのです。

 

クラウドソーシングでは「もらったタイトル・キーワードに沿って検索して、それをまとめる」作業レベルのライティングがほとんどです。(もちろんその間で自分の中で嚙み砕くという作業があるのですが)

もらったテーマを調べて、まとめて、書いて、の繰り返し。

自分が書きたいことを書きたい様に書けるワケでもないし、僕にとってはカルマみたいな感じでした笑

 

それに、ライティングは書いた記事をクライアントに納品するので、その記事は自分のものではなくなります。自分が書いたのに。

こんなことを繰り返すうちに、今自分がやってることって「自分の時間と経験を切り売りしてるアルバイトの生活みたいだな〜」と思ったのです。

ライターを目指すとかならまだしも、そこが目的地じゃない人はやり続けない方がいいですよ。

 

ライティングはセーフティネットとしては最適

そもそも僕が始めにライティングに注力したのは、スキルも何もないままにフリーランスになり、まずは自分が稼げる食いブチを見つけたかったからです。

ライティングの収益は、始めてから以下の様な推移でした。

 

1ヶ月目(9月)  :5万円

2ヶ月目(10月):10万円

3ヶ月目(11月):14万円(本当は20万円行きたかった)

 

まるもの運営業務をしながらこのくらいは稼げたので、コミットすればもっともっと稼げるということがわかりました。

当初フリーランスとして右も左もわからず野垂れ死んじゃいそうだった僕にとって、ライティングでこれだけ稼げることがわかったのはすごく大きな収穫ではあります。

違うジャンルで挑戦して失敗しても、ライティングで食いつないでいくことができるから。 

そういった意味では、とても良いセーフティネットになると思っています。

 

これからは「消費」ではなく「投資」をしていきたい

自分の時間と経験を切り売りするライティングを「消費」とするならば、自分の時間と経験を資産にしていくブログは「投資」といえます。

 

「消費」は即金性がありますが、投資はすぐにはお金になりません。

しかし、長い目で見ると消費よりも投資の方が有益であることは明白なので、これからは投資をしていきたいと思っています。

 

ブロガーになるというワケではないのですが、ブログもやりつつ、仕事につながりそうな他のこと(サイト制作・デザイン・スペース作り等々)に挑戦していきたいなあと思っている次第です。

 

ライターをディスってるわけではないよ

ここまでライターをディスってる感じでしたが、僕はライターやライティング全体をディスりたい訳ではないです。

目的地が違うのに、即金性があって生活をつないでいけるクラウドソーシングのライティングにいつまでもすがってブラ下がり続けてる、ライターみたいな人をディスってるだけです。

まぁ要は今までの僕なのですが笑

 

ライターとしての活動をしてみたい人や、僕の様にまずは稼ぐ食いブチを見つけたい人にライティングはとてもオススメです。

ランサーズ とか、クラウドワークス でしっかりやれば意外と稼げます。まずはタスクでもなんでもいいから試してみるといいかと。

それでは!